【送料無料選択可】投資信託は、この8本から選びなさい。 30代でも、定年後でも、積立だけで3000万円つくれる!/中野晴啓/著(単行本・ムック
『投資信託は、この8本から選びなさい』をAmazonで買う

2011年08月21日

投資信託大損

投資信託はリスク型の投資商品の中でも比較的リスクが低いといわれています。

しかし、種類によっては大きく運用成績が変動します。
また、リスクの大小にかかわらず元本は保証されないので、投資環境は運用実績によっては元本割れもあることを十分に理解しておく必要があります。

一般的な投資方法としては、

・分散投資
・インデックス型商品

が安全といわれます。

分散投資は、国内株式、外国株式、外国債券などを1/3ずつで分けて運用するといった方法もあります。

インデックス型商品は、トピックスや日経平均株価、NYダウなどの株価指標に連動した商品なので、それだけファンドマネージャーの採用の余地が低く、投資コストが安く済むため、手数料が他のハイリスク商品よりも少ない商品です。
手数料が少ないということは、同じ運用であれば、手数料分だけハイリスク商品よりも運用結果が良くなるので、それだけお得になります。


ラベル:投資信託 2011 大損
posted by ちこ at 00:52| Comment(0) | 投資信託大損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。